happening Blog

happenstr.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 11月 14日

RED WING 8139 Sage Mohave 6inch Classic Work

RED WING(レッド・ウイング) 8139 Sage Mohave 6inch Classic Workの紹介です。

今日は特に商品紹介に入る前の小ネタもなく、しいて言えば今日の晩に友達と漢字で書くところの"脚場蔵"に行く予定があるぐらいで、これは以前Blogにも書きましたが、友達に誘われたからであって、自主的に行こうと言った訳ではないという事を予めご了承下さい。

RED WINGの定番モデル、875アイリッシュセッターのスウェード素材になった新色8139は、ファッションブランドのナイジェル・ケーボンの別注色として作られたカラーで、これまでには無かったSageと呼ばれるブルーグレーカラーが特徴的になっています。

Mohaveというレザーは、RED WINGの子会社のタンナーがなめした、軍などに供給している防水レザーの事で、アメリカ空軍のユニフォームに合うようにと考えられた色になります。

この秋からはRED WING JAPANでも品番8143として発売されていて、同じSageのスウェード素材でシューレースを白のレザーに変えるなどして売られていますが、8139という品番はナイジェル・ケーボンの直営店の為に作られたモデルだけの品番になります。

個人的にもRED WINGは赤茶とベージュスウェードを持っていて、初めて買った本格的なブーツとして思い入れがあり、ジーンズに合わせて履いた時は、お洒落のレベルが上がったような、履いていても足元ばかり見てニヤニヤしていた頃を思い出します。

現在では少なくなった、未だにMADE IN U.S.Aで作り続けていたり、長く履くと分かる"本物"なアイテムで、最近はもっと凄いハンドメイドで木こりも履くような10万円オーバーなブーツもチラホラとありますが、自分としてはややオーバースペックのような気もして、その点RED WINGは物と価格が見合った、バランスの良いブーツです。

もちろんソールの張替えも出来ますので、長く愛用していただけるブーツで、何年も履き込んでいくと自分なりの1足になるかと思います。

この8139 Sage Mohave 6inch Classic WorkはFactory Second品で、特にセカンド品となるような箇所はありませんが、ベロ部分にパンチ穴が開けられています。

c0090448_18105977.jpg

c0090448_18112462.jpg

c0090448_1811439.jpg

c0090448_1812143.jpg

c0090448_18122165.jpg

Brand; RED WING
Model; 8139 Sage Mohave 6inch Classic Work
Price; ¥26,250 "SOLD OUT"
Size; US 8, 8 1/2, 9



⇒こちらのアイテムはOnlineStoreでもご購入いただけます。

by happening-store | 2011-11-14 18:23 | RED WING


<< Mauna Kea 5Colo...      RUGBY Sweats Do... >>